僅かな金利の違い

とても金額が大きい融資を受ける際には、僅かな金利の違いでも厳しくチェックしていく必要があります。例として18%の金利で融資を受けられる金融会社があったとして、17.8%の金利の金融会社を殆ど同じと思ってはいけません。

 

僅かに思える0.2%の違いであっても、元々の金額が大きいと返済額もかなり違ってくるものです。特に融資の限度額が大きな会社が増えているからこそ、僅かな違いであっても比較しておいて損はありません。

 

最近は金融会社は対応の良いところが増えている為に、スタッフの対応の良さだけでは比較しにくくなってきています。だからこそ金利の僅かな違いも比較基準として重要なもので、とにかく他社よりキャッシングの金利を低くしようとする姿勢で判断する事が大事です。

 

しかし、こういった他社よりも金利が低いという点をアピールしている金融会社は、他社から融資を既に受けている方への対応もスムーズだと言われています。

 

対応がスムーズだと言っても、既に他社から融資を受けている場合は融資額が多少は少なくなってしまう可能性もあるものです。それでも追加で融資を受けられる会社を探している方にとっては、心強い味方になってくれる事には変わりありません。

 

金利が高くても利息負担は小さくなる場合がある

一般的に金利が高ければ利息も大きくなりますが、消費者金融で即日融資対応のアコムが行う無利息キャッシングを使うなら、利息負担は軽減されます。