債務の一本化

おまとめローンは、それまで抱えていた複数の借金を完済させるために、まとまったお金を借り入れするというものです。そのため申し込みの際には、どのくらいの数の金融機関で、どのくらいの借り入れをしているのかを、正確に申告する必要があります。

 

多くの金融機関で借り入れをしている事実が審査に響いてしまうのではないかと懸念して、虚偽の情報を申告する人もいます。本当は5社で借り入れをしているにも関わらず、3社と申告したりするのです。このようなことをすると、かえって審査に悪影響を与えてしまいます。

 

借り入れは信用が第一ですから、信用を失うようなことはタブーです。申し込み用紙には必ず正確な情報を記入し、信用してもらえるように努めることが大事です。

 

また、おまとめローンは総量規制の対象外となっています。そのため利用した後には、消費者金融などで年収の3分の1までの借り入れが可能となります。それまでは総量規制の関係で追加の借り入れができなかったという人でも、利用することで再び借り入れができるようになるのです。そのためかえって借金が増えてしまうこともあります。

 

それまでの借金を完済できたとしても、一本化した借金の返済が残っているという事実を決して忘れないよう注意することが必要です。新たな借金を増やさないようにすれば、抱えている負担は着実に減っていくのです。

 

しっかりと完済を目指して返済を進めるのがおまとめローンの基本となっているので、借金を増やすのではなく完済を行うための借り入れであるといったことは認識しておきましょう。