金利に関する知識

消費者金融からお金を借りるときには、消費者金融についての知識は持っていた方が安心することが出来ます。ここでは、そのために金利に関するお話をします。業者からお金を借りる場合は、業者は必ず金利を契約前に明示してから契約を結ぶことになります。

 

例えば、金利が18%となっていた場合、これは一年間お金を借りた場合に発生する利息の割合を示します。実際の利息の発生の仕方は、一年ではなく一日単位で発生しますので、金利を計算する時には365(1年は365日)で割ることで、一日当たりの金利を求めることが出来ます。

 

それに借りた日数をかけることで、返済時の利息を求めることが出来ます。金利は一年間の金利を表す年利で表現されるのは、そのように決められているからです。

 

業者によって、一ヶ月当たりの金利である月利や一日当たりの金利である日歩を表示していたら、利用者に取っては不便となりますが、その点は心配ないです。金利は一年単位であっても実際の利息は一日単位であるために、お金を借りて返済をする時には、一日でも早くなるべく早めにお金を返済した方が利息が少なくて済みます。

 

返済期日や最低返済額は業者に指定されますが、自由に返済することが出来るために、余裕があるときには多めに返済した方が負担は少なくて済みます。